作詞家・悠木圭子のプロフィール

作詞家・悠木圭子のプロフィール

作詞家・悠木圭子

山口県防府市出身。

16才で芸能界入り。 「10代の秘密」(藤田佳子の名)で映画女優としてデビュー。 代表作「湯島の白梅」「霧の音」「大奥」など。

更にNHK・TV「アラスカ物語」「青い糧」「悪女の手記」TBS芸術祭参加作品「あざのある女」に主演、 銀幕のスターとして活躍、また新国劇「宮本武蔵」「人生劇場」などにも出演した。

1969年「さよならがこわいの」(小川知子)で作詞家としてデビュー。

「なみだ恋」(八代亜紀)の大ヒットで作詞家に転向。 「おんなの夢」(八代亜紀)・「ともしび」(八代亜紀)・「おまえと生きる」(山本譲二)・「浮雲」(香西かおり)などがヒット。

1989年当時13才の田川寿美をスカウト、1992年春「女…ひとり旅」でデビューさせ若手No.1の演歌歌手に育成し、 その後1998年「哀愁港」(田川寿美)の大ヒット、2001年には「海鳴り」(田川寿美)で日本作詞大賞、 優秀作品賞を受賞する。

2003年鈴木淳作曲生活40周年記念作品「逢えて…横浜」(五木ひろし)を作詩。


昭和48年(1973) 「なみだ恋」八代亜紀 日本レコード大賞・歌唱賞

平成 4年(1992) 「女…ひとり旅」田川寿美 日本レコード大賞・新人賞

平成10年(1998) 「哀愁港」田川寿美 日本レコード大賞・優秀楽曲賞

平成13年(2001) 「海鳴り」田川寿美 日本レコード大賞・金賞 最優秀歌唱賞
日本作詩大賞 優秀作品賞

平成15年(2003) 「逢えて…横浜」五木ひろし 日本作詩大賞・入賞曲

平成22年(2010) 「北の港駅」田川寿美 日本作詩大賞・優秀作品賞

関連サイト

音楽レーベルクレオ
音楽レーベルクレオ