作曲家・鈴木淳のホームページ

作曲家・鈴木淳のプロフィール

作曲家・鈴木淳

山口県防府市出身。

早稲田大学卒業後、音楽之友社で雑誌を編集。 過労で倒れ郷里の山口で2年間の入院生活を送る。 退院後2年間、郷里の女子高校で国語科の教諭として勤めた後、 再び音楽之友社で雑誌を編集、月刊誌「ポップス」の編集長に就任。

昭和38年『恋なんてしたくない』(西田佐知子)でレコード作家としてデビュー。 以後、映画音楽やCMソングなどの作曲で生活。

昭和42年『小指の想い出』(伊東ゆかり)が大ヒット、 作曲家として認められ、数々のヒット曲を生み出している。 また、黒木憲、小川知子、ちあきなおみ、安倍里葎子、八代亜紀、田川寿美などを スター歌手に育て上げ、「スター作りの名手」としての評価を得ている。

平成7年から平成19年まで」JASRAC(日本音楽著作権協会)理事を務めた。 昭和57年から日本作曲家協会の理事、平成12年から平成16年まで理事長を務める。

また最近ではエイベックスで新レーベル“J−more”を設立、 ここでゼネラルプロデューサーとして姉妹デュオO’sを「あなたとならば」でデビューさせる。 2008年、O'sを発展的解消させて、改めて女性3人グループLuxisとして 「女神のほほえみ/DOWN TOWN」でデビューさせる。

社会を支える人たちに親しまれる歌の普及に努める一方、 音楽分野の著作権確立に向けた活動も推進してきた功績が認められ、 平成17年春の叙勲で、旭日小綬章を受章。


【叙勲】
平成17年(2005) 平成17年春の叙勲 芸術文化功労「旭日小授章」 感謝の集い

【受賞】
平成10年(1998) 日本レコード大賞 第一回「吉田正賞」

昭和62年(1987) 日本レコード大賞 「企画賞」(サンセットセレナーデ)

【著書】
「鈴木淳のカラオケ個人教授」(音楽之友社刊)

【歌碑】

平成14年(2002) 浮雲(香西かおり)防府天満宮境内 歌碑建設除幕式


主な作品

昭和42年(1967) 「小指の想い出」伊東ゆかり 日本レコード大賞・歌唱賞

昭和43年(1968) 「霧にむせぶ夜」黒木憲

昭和45年(1970) 「四つのお願い」ちあきなおみ 日本歌謡大賞・新人賞

昭和45年(1970) 「愛のきずな」安倍里葎子 日本レコード大賞・新人賞

昭和48年(1973) 「なみだ恋」八代亜紀 日本レコード大賞 ・歌唱賞

平成 4年(1992) 「女…ひとり旅」田川寿美 日本レコード大賞・新人賞

平成10年(1998) 「哀愁港」田川寿美 日本レコード大賞・優秀楽曲賞

平成10年(1998) 「浮雲」香西かおり 日本レコード大賞・吉田正賞(作曲)

平成13年(2001) 「海鳴り」田川寿美 日本レコード大賞・金賞 最優秀歌唱賞

平成14年(2002) 「御意見無用の人生だ」椎名佐千子 日本レコード大賞 ・新人賞

平成17年(2005) 「あなたとならば」O's 日本有線大賞 ・新人賞 日本レコード大賞 ・新人賞

関連サイト

音楽レーベルクレオ
音楽レーベルクレオ