鈴木淳、悠木圭子が作曲、作詞した「浮雲/香西かおり」歌碑

鈴木淳作曲歌碑建立除幕式開催

2002年3月27日11時から防府天満宮境内(二宮金次郎銅像東側)に、 鈴木淳、悠木圭子が作曲、作詞した「浮雲」歌碑(高さ1.7m、巾2.3m)の除幕式が開催された。

同歌碑は昨年8月に発足した"鈴木淳先生歌碑建立発起会"107人により建立されたもの。 現在、日本の作曲界のリーダー役のひとりで、日本作曲家協会理事長、日本レコード大賞制定委員、実行委員長などをつとめる大ヒットメーカー鈴木淳氏を顕彰しようと、御神忌1100年(学問の神・菅原道真公没後1100年)の記念すべき年、実家が天満宮の社家でもある同氏ゆかりの地への建立が決まった。

桑原観光協会事務局長の司会で鈴木夫妻、歌手の香西かおりさんらの手により除幕。

鈴木夫妻ら関係者により、中国産の珍しい梅の木を記念植樹のあと、
鈴木淳が「子どもの頃は遊び場だった境内に歌碑が出来て本当にうれしい、これまで作曲した千余の曲の中から歌碑曲を選定するのに迷ったが、日本レコード大賞第1回吉田正賞を受賞、大ヒットさせていただいた『浮雲』を選んだ。


御神忌1100年記念の良き年に妻と共作した浮雲歌碑建立のめぐりあわせに感激している、建立地は天満宮を背景に記念写真もとれる絶好の場所。ぜひPRして頂きたい」とあいさつ。

続いてこの曲を歌うために東京からかけつけた香西かおりさんが、「尊敬する鈴木先生ご夫妻の歌碑に私の歌を選んでいただき感激しています。

私は記録に残る唄、記憶に残る唄をと、いつも心を込めて歌い続けています。
そして、この歌で私と防府との深いつながりが出来、心よりうれしく思っています」と述べ、境内いっぱいの参拝客に「浮雲」を熱唱した。

関連サイト

音楽レーベルクレオ
音楽レーベルクレオ